1. 東京オフィスホーム
  2. 日本近現代史に学ぶ 「ウクライナ侵攻と日本社会の変化」

同志社講座

日本近現代史に学ぶ
 「ウクライナ侵攻と日本社会の変化」

保阪 正康
定員に達しましたので、受付を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ロシアのウクライナ侵攻は20世紀型の帝国主義的構図であった。日本の満州事変やナチスドイツのポーランド侵攻とほとんど同じ手法、同じ考え方に基づいていた。ロシアの生命線を軍事力で守るというのである。こういう戦争は、21世紀にはあり得ないと思っていたが、見事に裏切られた。その波紋は日本社会にどう及んでくるのだろうか。

講師
保阪 正康 (ほさか まさやす) 
ノンフィクション作家・評論家 日本近現代史研究者
   
1939年札幌市生まれ。1963年同志社大学文学部社会学科卒。1972年『死なう団事件』で作家デビュー。2004年個人誌『昭和史講座』の刊行をはじめ一連の昭和史研究により菊池寛賞受賞。2017年『ナショナリズムの昭和』で和辻哲郎文化賞を受賞。近現代史の実証的研究を続け、これまで約4000人の人々に聞き書き取材を行っている。立教大学社会学部兼任講師、国際日本文化研究センター共同研究員などを歴任。現在、朝日新聞書評委員などを務める。近著『石橋湛山の65日』(‎東洋経済新報社/2021)『歴史の予兆を読む』 池上彰共著(朝日新書/2021)文藝春秋で「日本の地下水脈」連載中。ラジオ出演 月曜 「NHKラジオ・アーカイブス ~声でつづる昭和人物史」

日程
開催回開催日開催時間
第1回2022年10月21日(金曜日)13:30~15:00
第2回2022年11月18日(金曜日)
第3回2022年12月16日(金曜日)
第4回2023年1月20日(金曜日)
第5回2023年2月17日(金曜日)


第1回 10月21日(金)「プーチンの描くロシア帝国とその大国主義」
プーチンはなぜウクライナに軍事侵攻したのだろうか。自らの思惑と感覚だけで自由に歴史を振り回せると考えた理由は何なのか。プーチンはロシア帝国再興という自らの夢にその政治活動の全てを賭けている。プーチンの描く構想はかつてのスターリンの夢とはどう違うのか。改めて日本からの目でロシア帝国を分析する。

第2回 11月18日(金)「ロシアの不正義、ウクライナの正義、その二面性」 
ロシアは不正義であり、ウクライナは正義という二面性、全てがそのように割り切れるわけではないにせよ、私たちはこの論理になじんでいる。むろんこの見方が正しいと思うが、同時にこれだけで見ていると全体図が見えないとの誤りを犯すことになる。ロシアはなぜ不正義なのか、それを考える。

第3回 12月16日(金)「アメリカやEUの側から見るロシアの戦争」 
今回の戦争はロシアの暴挙であるにせよ、アメリカもまた隠れた主役である。武器の援助や徹底したウクライナ支援、軍事的にはアメリカ主導の戦争ではと思われる面もある。なぜなのか。このことを分析していくと、21世紀もアメリカが世界の政治、軍事を支配する方向が見えてくる。その点を考える。

第4回 1月20日(金)「日本社会の軍事アレルギー、その変化」 
今回の戦争は、日本社会に大きな変化を促している。軍事に対する従来のアレルギーが、消えていきつつあるかに見える。あるいは防衛費の増額の声もある。こうした変化は特に若い世代に多い。現代日本は戦後社会の枠組みを解体の方向に進めていくかに見える。改めて日本社会に突きつけられた問題と向き合う。

第5回 2月17日(金)「人類史と戦争、新しい形の軍事学」 
人類史は戦争を中心に歴史を作ってきた。今回の戦争もまたそのような意味合いを持つのだろうか。私たちは、戦争を抜きにした歴史を作りうるか、それが今問われている。戦争の持つ怖さ、それは単に生命の危機だけでなく、人類が自己崩壊する恐怖に繋がっている。人類はいかなる軍事学を確立しうるのだろうか。

より理解を深めるための  -保阪先生推奨書籍-
『歴史の予兆を読む』 
   池上彰(著)・保阪正康(著)(朝日新書/2022)
『歴史とは何か』新版
   E.H.カー(著)近藤和彦(翻訳)(岩波書店/2022)
『メルケル 世界一の宰相』
    カティ・マートン(著)倉田 幸信 (翻訳) 森嶋 マリ (翻訳)(文藝春秋/2021)

開催概要

回数全5回
日時・会場2022年10月21日、11月18日、12月16日、2023年1月20日、2月17日(すべて金曜日)
13:30~15:00
同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
Map
受講料お支払い15,000円 一括のみ 
お支払い初回の受付でお支払いください。
資料当日配付いたします。
定員36名  
受講に関するご案内
●新型コロナウイルス感染拡大をはじめとする不測の事態の際はオンライン形式に変更する場合がございます。予めご了承ください。※オンライン形式による受講に関する要領は「●オンライン受講について」をご確認ください。
●お申込み方法
定員に達しましたので、受付を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
●お申込み受付・受講確定
  • お申込みは先着順で受付けし、定員になり次第募集を終了します。
(注)欠員待ちは行っておりません。
(注)所定の人数に達しないなどの理由で開講しない場合があります。
  • 受講が決まりましたら、「受講票」を郵送します。受講票の到着をもって受講確定といたします。
(注)受講票は1講座1枚です。受講当日、必ずお持ちください。
  • 定員を超えるお申込みを頂戴し受講いただけない方には、お申込み時の連絡先にお知らせいたします。
●受講料のお支払い
  • 受講料は初回の受付でお支払いください。
  • 各講座とも受講料は全回分(一括)です。
  • 会場受付でのお支払いは現金のみです。
  • いったん納入された受講料は返還いたしませんのでご注意ください。
  • 初回をオンラインで受講される場合は、事前振り込みが必要です。該当の方には、別途、ご案内を差し上げます。
●キャンセル
  • お申込み後に受講を取りやめたい場合は、同志社大学東京オフィスに電話にてお知らせください。
●教材
  • 講師指定の教材(書籍など)を各自でご用意いただく場合があります。講座の開催概要をご確認ください。
●修了証
  • 受講の講座を全回出席された方に修了証をお渡しいたします。
●欠席
  • ご欠席の連絡は不要です。
●その他のお願い
  • 受講日当日は、受付にて「受講票」をご提示いただきます。
  • 受付は講座開始の30分前から開始いたします。
  • 講義中は携帯電話の電源を切るなど、他の受講者にご迷惑とならないようご注意ください。
  • 講義の録画、録音、写真撮影は禁止です。(講師が許可した場合を除く)
    オンライン受講においても同様です。
  • お申込み時にお届けいただいた住所やメールアドレスなどに変更がある場合は、速やかに同志社大学東京オフィスまでご連絡ください。
  • 他の受講生、講師の連絡先はお教えできません。
  • 新型コロナウイルス感染拡大の状況や天変地異(台風・地震等の天災)、講師の事情など不測の事態の際には休講などの措置を取らせていただく場合がございます。

●オンライン受講について
同志社講座は、同志社大学東京サテライト・キャンパスにおいて対面形式で開講いたします。ただし、新型コロナウイルス感染拡大をはじめとする不測の事態の際はオンライン形式に変更する場合がございます。
また、受講生の皆様のご都合やご事情により、オンライン形式での受講をご希望される場合は予めご連絡ください。可能な範囲でご対応いたします。(※ご対応できない場合もございます。予めご了承ください。)
■オンライン形式による受講に関するご注意
  • 受講にはカメラ、スピーカー、マイクが付属するパソコンやタブレット、スマートフォンなどが必要です。
※機器はインターネットに接続されている必要があります。
※同志社大学東京オフィスでは、機器の貸出しや技術支援はできません。ご了承ください。
  • オンライン接続のURLは第三者に共有しないでください。
  • 講座の録画・録音は禁止です。
■オンライン形式による受講を希望される場合のご連絡
  • 初回をオンライン形式で受講されたい場合は、お申込み時にお申し出ください。受講料の事前振り込みをご案内いたします。
  • 2回目以降は当該講座の3日前(休業日を除く)までにご連絡ください。前営業日にメールにてオンライン接続のご案内と配付資料をお送りします。
■講座日に会場に来ることやオンライン受講ができない場合
  • オンデマンド(ビデオ録画データ)での受講が可能です。該当講座日の翌日以降(休業日を除く)にオンデマンド受講用のURLとご案内、配付資料をメールにてお送りします。詳しくはお問合せください。

●「個人情報の取り扱いについて」
お申込みに際してご提供いただく個人情報は、個人情報の保護に関する法律及び本学が定める「個人情報保護の基本方針」、「同志社個人情報保護規程」等に基づき、適正に取り扱います。お預かりした個人情報は、同志社講座ならびに同志社大学からのご案内に利用させていただき、ご本人の同意なく、法令上認められている次の場合を除いて第三者に提供いたしません。
・ご本人の同意を得た場合
・利用目的の達成に必要な範囲内で、同志社大学の業務委託先(再委託先を含みます)に個人情報の取扱いの全部又は一部を委託することに伴って当該個人情報を提供する場合
・上記の他、法令に基づき開示、提供することが求められた場合
※感染状況に応じ、同志社大学の判断で休講する場合があります。
お問合せ先同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp