1. 東京オフィスホーム
  2. イスラムは、なぜ西欧の敵にされたか?

同志社講座

イスラムは、なぜ西欧の敵にされたか?

「イスラムは、なぜ西欧の敵にされたか?」 (全3回)

内藤 正典
狙い
世界の分断はますます激しくなった。グローバルなスケールでの最大の分断は、西欧とイスラムとの間に出現した。イスラムにはキリスト教を敵とする発想はなく、ヨーロッパやアメリカにも多くのムスリムが移住した。その一方で、現在、西欧のイスラム嫌悪はかつてないほど高まっている。この講座では、イスラムとその信徒は、なぜ西欧の敵とされたのか?このまま分断を修復できないと、どういう危険が迫っているのかを3回にわたってお話ししていく。(内藤 正典記)

講師
内藤 正典 (ないとう まさのり) 同志社大学大学院 グローバル・スタディーズ研究科 教授   
博士(社会学)1956年生まれ。1979年東京大学教養学部教養学科卒業1982年同大学院理学系研究科地理学専門課程博士課程中退 東京大学助手、一橋大学助教授、教授をへて2010年に新設の同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科に移籍。他に、ダマスカス大学(シリア)、アンカラ大学(トルコ)で客員研究員、社会科学高等研究院(フランス)、アバディーン大学(英国)、UNESCOの科学諮問委員を歴任。専門は、現代イスラーム地域研究、ヨーロッパとイスラム世界の相関地域研究、多文化共生論。著書『外国人労働者・移民・難民ってだれのこと?』(集英社/2019)『 となりのイスラム』(ミシマ社/2016)『 限界の現代史』(集英社/2018)『 ヨーロッパとイスラーム』(岩波書店/2004)『 神の法vs.人の法』(共編著・日本評論社/2007)『アッラーのヨーロッパ』(東京大学出版会/1996)『 イスラーム世界の挫折と再生』(編著・明石書店/2014)他多数

日程
開催回開催日開催時間
第1回未定18:30~20:00
第2回未定
第3回未定
第1回 「中東の優等生トルコは、いかにして「敵」とされたか?」 
1950年代からNATO加盟国、60年代にはEUの前身に加盟を申請してきたトルコは、現在、欧米諸国から激しい敵意を受ける国となった。イスラム世界でも有数の親西欧国家は、なぜ、敵にされてしまったのか?

第2回 「ヨーロッパのイスラム嫌悪とはどういうものか?」 
世俗主義のイスラム嫌い、キリスト教からのイスラム嫌い。この二つの反感が、ヨーロッパ諸国のなかに暮らしているムスリムを追い詰め、近隣の中東との関係を悪化させていった。

第3回 「日本発、分断を修復へ導く鍵」  
16億ともいわれるムスリムを疎外し、西欧世界とイスラム世界との間の分断をこれ以上深めるのはあまりに危険である。日本の知恵から、この分断を修復に導くことはできないのか。

開催概要

回数全3回
日時・会場日程未定
18:30~20:00
同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
Map
受講料 3回一括  9,000円
教材 講師より配布いたします
定員100名  
※開講最低人数のお申込みがあり次第、「受講票」を郵送いたします。
お申込み・受講に関する注意事項
  • 各講座とも定員になり次第、受付を終了いたします。
  • 受講料のお支払い 事前振込み制の講座以外は初回に受付でお支払いください。
受付でのお支払いは現金のみです。開講後もしくは振込み後は受講料の払い戻しはいたしません。
  • 事前振込み 開講決定次第、「振込み依頼書」を郵送いたします。指定日までにお振込みください。
期日までに入金が確認できない場合は受講いただけません。ご入金後1週間を目安に「受講票」をお送りします。
  • 開講のご案内 事前振込み制以外の講座は、開講決定後「受講票」をお送りします。受講票(ハガキ)は1講座1枚です。
万が一開講できない場合は初回の1週間前までにお申込みいただいた方にご連絡いたします。
  • 受講票(ハガキ)は受講時に受付にご提示ください。
  • 全回ご出席の方には修了証を最終回にお渡しいたします。
  • 休講 ・補講について
    (1)講師の都合および事故、台風、天災、交通機関遅延等によりやむを得ず休講する場合があります。
    (2)休講が事前に判明した場合は同志社大学 東京オフィスのHPに掲載しメールにてお知らせし補講等の対応をいたします。
  • 受講キャンセル、当日の欠席
    (1)お申込み後にキャンセルされる場合は、同志社大学東京オフィスまで電話、メールで連絡してください。
    (2)お支払い後にキャンセルされた場合、受講料の払い戻しはいたしません。
    (3)講座を欠席された場合、後日その日に配布された資料をお渡ししますのでお申し出ください。
    (4)事前の欠席連絡を要する講座につきましては、講座初回にご案内します。
  • 受講に際して
    (1)講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、マナ-モー ド にしてください。
    (2)講座の録音、録画、写真撮影はご遠慮下さい。録音は講師から許可があった場合のみ可能です。
お問合せ先同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp