1. 東京オフィスホーム
  2. 政治と宗教 グローバル世界から近現代日本まで

同志社講座

宗教の視座に学ぶ
 「政治と宗教 グローバル世界から近現代日本まで」

小原 克博
各種のメディアを通じて、世界各地の出来事をすぐに知ることのできる時代に私たちは生きています。ニュース・メディアによって伝えられた、紛争やテロなどセンセーショナルな事件を私たちは情報として大量に消費していますが、大量の情報の背景にある問題の構造を把握することは決して容易ではありません。本講座では、世界の「熱さ」の原因となっている様々な価値観の対立を、政治と宗教の関係から探っていきます。

講師
小原 克博 (こはら  かつひろ) 同志社大学神学部 教授
博士(神学)。1965年大阪生まれ。同志社大学大学院神学研究科博士課程修了。現在、神学部長・神学研究科長、良心学研究センター長。専門はキリスト教思想、宗教倫理学、一神教研究。近著:『ビジネス教養として知っておきたい 世界を読み解く「宗教」入門』(日本実業出版社/2018)『一神教とは何か─キリスト教、ユダヤ教、イスラームを知るために』(平凡社/2018)、共著:『良心から科学を考える─パンデミック時代への視座』(岩波書店/2021)『宗教は現代人を救えるか─仏教の視点、キリスト教の思考』(平凡社/2020)『人類の起源、宗教の誕生─ホモ・サピエンスの「信じる心」が生まれたとき』(平凡社/2019)『宗教と社会の戦後史』(東京大学出版会/2019)『良心学入門』(岩波書店/2018)など。

開催回開催日開催時間
第1回2021年11月26日(金曜日)13:30~15:00
第2回2021年12月17日(金曜日)
第3回2022年1月28日(金曜日)
第4回2022年2月25日(金曜日)
第5回2022年3月18日(金曜日)

第1回 11月26日(金) 「政治と宗教の関係史 -近代国家成立の背景」
政治と宗教は古代世界では一体不可分の関係にありましたが、時代と共にその関係は変化し、西洋の近代国家は多様な政教分離を備えることになりました。現代世界を理解するために、グローバル・アクターとしての宗教を視野に入れることの重要性を考えます。

第2回 12月17日(金) 「分断する宗教国家アメリカ」
トランプからバイデンへと大統領が変わったものの、2020年の大統領選挙においても、保守的な価値観とリベラルな価値観の対立によるアメリカ社会の「分断」を世界は目の当たりにしました。その背景にある宗教保守層の存在やアメリカ社会の世俗化などに着目し、アメリカ社会の基本構造と変化しつつある姿を探っていきます。

第3回 1月28日(金) 「新しい隣人との共存に苦慮するヨーロッパ」
荘厳な教会、巨匠たちの宗教画を多数収蔵する美術館は、ヨーロッパの訪問者を魅了してきました。これらはキリスト教文化を色濃く伝えるものですが、ヨーロッパ社会では世俗化と宗教の多元化が進行しています。その中で近年目立ってきているのが、西洋的な価値観とイスラーム的な価値観の対立です。ヨーロッパの今に目を向けます。

第4回 2月25日(金) 「一神教世界の混乱と宗教復興運動」
イラク戦争(2003年)以降、中東情勢は混迷の度合を深めてきました。2010年に始まった「アラブの春」は独裁政権の崩壊をもたらしましたが、中東の多くの地域は、高い失業率等、多くの問題を抱えています。米軍撤退後のアフガニスタン情勢からも目を離すことができません。宗教復興運動を手がかりの一つとして、問題の背景を考えていきます。 

第5回 3月18日(金) 「近現代日本における政治と宗教」
近代以降の日本社会を考えるときにも、政治と宗教の関係を欠くことはできません。明治期、新しい国作りを模索する中で、欧米の政治システムを参考にしながらも、日本は神道を中心とした独自の政教体制を構築しました。日本の近現代史を振り返りながら、これからの日本社会を模索する際に、いかに宗教リテラシーが重要であるかを考えていきます。
より理解を深めるための書籍  -小原先生推奨図書-
『アメリカを動かす宗教ナショナリズム』 
   松本佐保 著(ちくま新書/2021)
『イスラームからヨーロッパをみる─社会の深層で何が起きているのか』
   内藤正典 著(岩波新書/2020)
『【中東大混迷を解く】シーア派とスンニ派』
   池内恵 著(新潮社/2018)

開催概要

回数全5回
日時・会場2021年11月26日、12月17日、2022年 1月28日、2月25日、3月18日(すべて金曜日)
13:30~15:00
同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
Map
受講料お支払い15,000円 全回一括のみ 初回の受付でお支払いください。
※お支払いは現金のみです。
資料当日配付いたします。
定員36名  
受講に関する注意事項
●お申込み方法
同志社大学東京オフィスHP (講座のお申込み)よりお申込みください。
メール、電話でのお申込みはお受けしておりません。
●お申込み受付と受講確定について
お申込みは原則先着順で受付し、講座ごとに定員になり次第受付を終了いたします。欠員待ちは行っておりません。
定員を超えるお申込みを頂戴した場合、受講できない方には電話、メール、FAX等でその旨をお知らせいたします。
開講が決まりましたら「受講票」を郵送します。受講票の到着をもって受講確定といたします。
*受講票は1講座1枚です。当日の受付に必要です。必ずお持ちください。
やむを得ない事情により講座を開講しない場合があります。開講しない場合、お申込みいただいた方に電話、メール、FAX等でお知らせいたします。
●受講料のお支払いについて
受講料は初回受講時の受付でお支払いください。(現金のみ)
お支払いいただいた受講料の返金は行いません。
初回をオンラインで受講される場合は、事前振込が必要です。(お申込後、振込のご案内をお送りします)
●受講のキャンセル
お申込み後に受講を取りやめたい場合は、同志社大学東京オフィスに電話にてお知らせください。
●休講
以下の理由によりやむを得ず休講することがあります。
天変地異(台風・地震等の天災)、交通機関の事故、講師の都合・傷病、その他不測の事態等。
休講の場合は、同志社大学東京オフィスHPに休講情報を掲載し、受講者には東京オフィスより電話、メール、FAX等でお知らせします。休講決定のタイミング等により、ご連絡が間に合わない場合もありますことをご了承ください。
●教材
講座によっては、講師指定の教材(書籍)が必要な場合があります。各講座のご紹介ページをご確認いただきご自身でご用意ください。
●修了証
受講の講座を全回出席された方に修了証を授与します。
●その他・お願い
講師、受講生の連絡先をお教えすることはできません。
講義中は携帯電話の電源を切るか、音が出ない設定にしてください。
講義の録画、録音、写真撮影はご遠慮ください。講義内容の録音は講師が許可した場合のみ可能です。オンライン受講においても同様です。
オンライン受講に際しご案内するZoom URLは第三者に共有しないでください。
他の受講生や講師に迷惑のかかる行為、講義の進行を妨げるような行為はご遠慮ください。
●「個人情報の取り扱いについて」
お申込みに際してご提供いただく個人情報は、個人情報の保護に関する法律及び本学が定める「個人情報保護の基本方針」、「同志社個人情報保護規程」等に基づき、適正に取り扱います。お預かりした個人情報は、同志社講座ならびに同志社大学からのご案内に利用させていただき、ご本人の同意なく、法令上認められている次の場合を除いて第三者に提供いたしません。
・ご本人の同意を得た場合
・利用目的の達成に必要な範囲内で、同志社大学の業務委託先(再委託先を含みます)に個人情報の取扱いの全部又は一部を委託することに伴って当該個人情報を提供する場合
・上記の他、法令に基づき開示、提供することが求められた場合
※感染状況に応じ、同志社大学の判断で休講する場合があります。
お問合せ先同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp