こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 東京オフィスホーム
  2. > 2017年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3.  > 3/9京まなびで「都をどり」をテーマに植木副学長が講座

新着ニュース

3/9京まなびで「都をどり」をテーマに植木副学長が講座

'18年1月15日 更新
京都市が主催する「京まなび」の京都の大学による特別講座で、「都をどり」をテーマに、文学部国文学科の植木朝子教授(副学長)が下記のとおり担当します。

 日 時 3月9日(金)16:30~18:00

 場 所 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学外苑キャンパス

 テーマ 「都をどりの歴史と現在」

 講 師 植木 朝子(同志社大学 副学長、文学部国文学科 教授)

 参加費 無料

植木教授は、祇園甲部歌舞練場で毎年催される、祇園甲部の芸妓・舞妓による舞踊公演「都をどり」の構成・作詞を担当されており、舞台が出来上がる過程を含め、都をどりの歴史と現在をお話しいただきます。

申し込みはすでに始まっていますので、受講希望の方はお早めに下記からお申込みを!

講座申込は、こちらより。


植木副学長
関連情報