こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 東京オフィスホーム
  2. > 2014年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3.  > 加藤千洋教授の中央区民カレッジ連携講座 開講

新着ニュース

加藤千洋教授の中央区民カレッジ連携講座 開講

'14年10月17日 更新
東京都中央区の生涯学習講座「中央区民カレッジ」では、中央区ゆかりの大学と連携した講座を開催しています。3月に東京オフィスが中央区に移転したことを機に、同志社大学が「連携講座」を提供する運びとなりました。秋学期の連携講座はグローバル・スタディーズ研究科 加藤千洋教授による「大国、中国が直面するジレンマ」3回です。

10月10日(金)、第1回が終了しました。当日は、東京オフィスセミナー室に約60名の受講生が参加されました。今回の講座では、中国がかかえる課題を3つに絞り、第1回めは「経済格差」がテーマです。

習近平氏をはじめとする中国指導者層の成り立ちや、頻発する農村部の事件を例に経済格差の実態をわかりやすくお話されました。中国で生に聞かれる調査や取材の裏話も交え、加藤教授が見た中国が生き生きと伝わってくる90分です。第2回は10月17日(金)「民族問題」、第3回10月24日(金)「少子高齢化」をテーマとして開催されます。

*中央区民カレッジは、中央区在住者、在勤者、在学者が受講できる講座です。

中央区民カレッジ受付風景

中央区 民部文化・生涯学習課のご担当者が、クラーク記念館の写真パネルの前で受付中

中央区民カレッジ講座風景

加藤教授の講義を熱心に聴く受講生の皆様